透明で目立たない!今人気のマウスピース矯正とは

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、その名の通りマウスピースを使って歯並びを良くする方法です。マウスピースをはめたときに歯にかかる力を利用して、歯を動かしていきます。

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正の特徴は以下です。

従来のワイヤー・ブラケット矯正は、何より装置自体が目立ってしまうのが欠点でした。治療中の見た目を気にして始められない方も多く、また装置を歯に固定するため汚れがたまりやすい・ケアしづらいのも難点でした。

汚れがたまりやすい上にケアしづらいとなると、矯正治療により虫歯や歯周病になってしまうことも。お口の中の状態を良くするために始めた歯列矯正で、虫歯や歯周病になってしまっては本末転倒ですよね。

それに対してマウスピース矯正は、装置自体が透明なため目立たず、他人に気付かれにくいです。仕事で人前に立つことが多い方でも、周りの目が気になる方でも心配ありません。

またマウスピースは食事や歯磨き、大切な予定があるときなどは自分で外すことができます。そのため普段の生活に影響を与えにくく、歯磨き方法も今までとほとんど変わりません。加えて歯を少しずつ動かしていくため、痛みを感じにくいのもマウスピース矯正の特徴です。

マウスピース矯正の流れ

マウスピース矯正の主な流れは以下です。

マウスピース矯正では、まず歯科医院で歯の型を取り自分専用のマウスピースを作ります。加えて歯並びの状態や歯の動き具合を見ながらマウスピースをいくつか作り、定期的に交換しながら使用します。これにより歯にかかる力を調整しつつ、少しずつ歯並びを治していきます。

マウスピース矯正にはさまざまな種類があり個人差もありますが、治療期間はおよそ数ヶ月〜1年です。

マウスピース矯正で治せる歯並び・治せない歯並び

マウスピース矯正で治せる歯並びは以下です。

その他マウスピース矯正ではさまざまな歯並びを治すことができます。

ただすべての歯並びを治せるわけではありません。以下のような症例に当てはまる場合は、マウスピース矯正では治療が難しいことも。

はじめに受けるカウンセリングや検査で、マウスピース矯正で治せる歯並びと判断されれば治療に移っていきます。その他大きな虫歯や歯周病がある場合もそちらの治療が優先となり、治療後にマウスピース矯正開始となります。まずは歯科医師に相談し、検査を受けてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました