今人気の《マウスピース矯正(アライナー矯正)》メリットと注意点、治療の流れを解説

透明で目立たない!今人気のマウスピース矯正とは

マウスピース型の矯正装置を使って歯を動かしていくアライナー矯正。透明で目立たずに歯科矯正ができたり、自分で外せたりと魅力的なメリットが多いんです。一方で適応症例に限りがあったり、決められた時間装着しないと効果が出なかったりと知っておきたいデメリットや注意点も。

マウスピース矯正(アライナー矯正)とは?

アライナー矯正とは、その名の通りマウスピースを使って歯並びを良くする方法で、マウスピース矯正とも呼ばれたりします。マウスピースをはめたときに歯にかかる力を利用して、歯を動かしていきます。

マウスピース矯正の特徴!ワイヤー・ブラケット矯正との違いは?

マウスピース矯正の特徴は以下です。

従来のワイヤー・ブラケット矯正は、何より装置自体が目立ってしまうのが欠点でした。治療中の見た目を気にして始められない方も多く、また装置を歯に固定するため汚れがたまりやすい・ケアしづらいのも難点でした。

汚れがたまりやすい上にケアしづらいとなると、矯正治療により虫歯や歯周病になってしまうことも。お口の中の状態を良くするために始めた歯列矯正で、虫歯や歯周病になってしまっては本末転倒ですよね。

マウスピース矯正は他人に気づかれにくい

ワイヤー・ブラケット矯正に対してマウスピース矯正は、装置自体が透明なため目立たず、他人に気付かれにくいです。仕事で人前に立つことが多い方でも、周りの目が気になる方でも心配ありません。

マウスピース矯正は自分で外せる

マウスピースは食事や歯磨き、大切な予定があるときなどは自分で外すことができます。そのため普段の生活に影響を与えにくく、歯磨き方法も今までとほとんど変わりません。

マウスピース矯正は痛みを感じにくい

歯を少しずつ動かしていくため、ワイヤー・ブラケット矯正と比較して痛みを感じにくいのもマウスピース矯正の特徴です。

マウスピース矯正の流れ

マウスピース矯正の主な流れは以下です。

マウスピース矯正では、まず歯科医院で歯の型を取り自分専用のマウスピースを作ります。加えて歯並びの状態や歯の動き具合を見ながらマウスピースをいくつか作り、定期的に交換しながら使用します。これにより歯にかかる力を調整しつつ、少しずつ歯並びを治していきます。

マウスピース矯正の種類と治療期間

マウスピース矯正にはさまざまな種類があり、歯科医院によって取り扱いが異なります。個人差もありますが、治療期間はおよそ数ヶ月〜1年です。

マウスピース矯正で治せる歯並び・治せない歯並びも知っておこう!

マウスピース矯正で治せる歯並びは以下です。

その他マウスピース矯正ではさまざまな歯並びを治すことができます。

ただすべての歯並びを治せるわけではありません。以下のような症例に当てはまる場合は、マウスピース矯正では治療が難しいことも。

はじめに受けるカウンセリングや検査で、マウスピース矯正で治せる歯並びと判断されれば治療に移っていきます。その他大きな虫歯や歯周病がある場合もそちらの治療が優先となり、治療後にマウスピース矯正開始となります。まずは歯科医師に相談し、検査を受けてみましょう。

マウスピース矯正中に注意したい3つのこと

決められた装着時間は守る

自分で外せることがメリットのマウスピース矯正ですが、決められた装着時間を守らないとせっかく移動した歯が元に戻ってしまい、矯正期間が予定よりも長くなってしまうこともあります。食事と歯磨きの時間以外は常に装着しなければいけない場合が多いので、大変だと感じてしまいますが、綺麗に揃った自分の歯並びを想像して乗り越えましょう◎

マウスピースは定期的にお手入れする

マウスピースを清潔に保つために、毎日のお手入れは欠かせません。毎日洗うのは面倒だと感じてしまいますが、ちゃんとお手入れしないとむし歯や歯周病、口臭の原因に。こちらの記事でマウスピースのお手入れについて詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

食事に気をつける

固い食べ物は歯並びに影響してしまうことがあり、マウスピース矯正に限らずに矯正中は注意が必要です。また、比較的痛みを感じやすいマウスピース矯正でも、歯を無理に移動させるため、痛みを感じやすいことも。そのため、軟らかい食べ物が中心の食生活になることもあります。

こちらの記事ではマウスピース矯正中の食事についてご紹介しているので、良ければ参考にしてみて下さい◎

タイトルとURLをコピーしました