歯列矯正中の痛みはなぜ起きる?

歯列矯正

歯列矯正は痛いもの?

歯列矯正は、極端なことを言えば「歯を無理やり動かすこと」。そのため、残念ながら歯列矯正中は痛みを感じます。歯列矯正を始めたばかりの頃は痛みを感じやすいですが、徐々に和らいでいきます。

歯列矯正中の痛みの種類3つ

歯列矯正中に感じる痛みは、主に3つに分けられます。それぞれいつまで続く痛みなのか、対処法とともにご紹介します。

①歯が動くことによる痛み

矯正装置を付けると歯に力がかかります。これにより歯が動いて歯並びを治していくわけですが、人工的に力を加えるので少なからず痛みを感じます。痛みというよりは歯が引っ張られるような、押されるような感覚に近いかもしれません。

ただマウスピース矯正においては、一般的な矯正方法であるワイヤー矯正よりも弱い力で歯を動かしていきます。そのため比較的痛みは感じにくいです。

この痛みはいつまで続く?

歯列矯正を始めたばかりの頃は、歯の移動量が大きいため特に痛みを感じます。理想の歯並びに近付き、歯の移動量も少なくなってくればほとんど痛みは感じません。装置を調整した直後・新しいマウスピースに交換した直後も痛みを感じやすいですが、数日経てば痛みは和らぎます

歯列矯正では段階に分けて少しずつ歯を動かしていきます。例えばワイヤー矯正であれば装置の調整を行うとき、「次回までにこの位置まで歯が動いていてほしい」「そのためには今回これくらいの調整が必要」などと目標を立てた上で調整を行います。マウスピース矯正においても同様で、「このマウスピースで歯をこの位置まで動かし、次のマウスピースでこの位置まで動かす」などと目処を立てて少しずつ歯を動かしていきます。

つまり段階ごとの歯の移動量には限りがあるということ。基本的に矯正装置を付けている間ずっと歯が動いているわけではありません。その段階において、目標としていた位置まで歯の移動が完了すれば歯に力はかからなくなります。そのため数日経てば痛みを感じなくなります。

この痛みへの対処法

残念ながら、時間の経過を待つしかありません。ただ歯が動くことによる痛みは、歯列矯正の効果が出ている証拠です。綺麗な歯並びに向けて確実に前進していますから、頑張って乗り越えましょう。そうは言っても痛みがあまりに強く我慢できない場合は、歯科医師に相談しましょう。

②食事をすることによる痛み

矯正装置により歯に力がかかっている上、ものを噛むとさらに力がかかります。そのため歯列矯正中は、食事のときに痛みを感じることがあります。

この痛みはいつまで続く?

矯正装置の調整・交換を行なってから数日〜1週間ほどで食事がしやすくなります。歯の移動が落ち着いて安定してくるからです。様子を見ながら食べ物を選んでいきましょう。

この痛みへの対処法

歯列矯正中は、なるべく歯に負担がかかりそうな食べ物は避けましょう。例えばフランスパンやせんべいなどの固いものや、骨付き肉など歯で噛みちぎる必要があるものです。これらは歯に強い力がかかり、痛みを感じやすいです。

歯列矯正中、特に装置の調整・交換を行なった直後におすすめなのは、おかゆやスープ、柔らかい麺類など噛む力が必要ないものです。もともと固いものは茹でたり煮たりして柔らかくするか、小さく切って食べるようにしましょう。

③矯正装置が当たることによる痛み

歯列矯正方法として一般的なワイヤー矯正では、装置が粘膜に当たって痛みが出たり口内炎ができたりすることがあります。またマウスピース矯正では、マウスピースを安定させるために歯に付ける突起(アタッチメント)により粘膜が傷付くことがあります。

その他歯列矯正を始めたばかりの頃は、お口の中に装置が入っていることに慣れず誤って頬粘膜や舌を噛んでしまうことも。これにより痛みを感じることがあります。

この痛みはいつまで続く?

装置や突起が当たって痛みが出ている場合、それらを削るなど原因を除去することで痛みは和らぎます。

また頬粘膜・舌を噛んでしまった場合は、数日〜1週間ほどで痛みは引きます。1週間以上経っても治らなかったり再発を繰り返したりするようであれば、一度歯科医師に相談しましょう。

この痛みへの対処法

ワイヤー矯正の場合は、専用のワックスをもらえます。それを原因となっている部分(装置の尖っている部分)に付けることで粘膜への刺激が和らぎ、痛まなくなります。マウスピース矯正の場合は、歯科医院へ行き原因となっている部分を器械で削ってもらうと楽になります。

以上のように、歯列矯正にはどうしても痛みがつきものです。しかしその痛みは、ゴールへの着実な一歩とも言えます。綺麗な歯並びを手に入れるために、歯科医師や歯科衛生士と手を取り合い、乗り越えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました